式年造替もいよいよ終盤
いざ行かん、春日の杜へ!

2016年9月号(216号)

20年に1度行われ、この秋60回目を数える春日大社の式年造替。屋根を葺き替え、本殿の御間塀(おあいべい)の絵を描き直すなど、現在も着々と進む社殿の修理。9月号では造替を支える職人の技と知恵、歴史や行事などを徹底紹介。オリンピックは4年に1度、式年造替は20年に1度、この機会、逃すことなく神々の杜へいざゆかん!

2016年9月1日発売/定価:500円 注文する

デジタル版を注文


お詫びと訂正

2016年9月号23頁「職人の技 其ノ参 春日大社本殿の屋根を葺く」の本文の表記に誤解を招く表現がございました。 正しくは以下の内容です。ここにお詫びして訂正致します。

p23 5段目 5~7行目

誤 今回は特別に許可が下り、春日山原始林で檜皮を採取できました。
正 今回は特別に許可が下り、春日山原始林に隣接する花山の人工林で檜皮を採取できました。

次号予告2016年10月号 Next Issue

第68回 正倉院展

※予告は断りなく変更する場合があります。

COMMUNICATION