ならら2010年1月号

特集:信貴山 祈りと娯楽の不思議ワールドへ!

2010年1月号(136号)

寅の年、寅の日、寅の刻に、日本で初めて毘沙門天が出現した地、信貴山朝護孫子寺。2010年は12年に1度の寅年で奥秘仏御開帳も行われます。福徳の授与を祈る庶民信仰のパワーあふれ、祈りと娯楽が並存する不思議ワールド・信貴山。ほかにも国宝・信貴山縁起絵巻の名場面や毘沙門天とムカデの深~い関係について紹介します。

2010年1月1日発売/定価:400円注文する

特集 … 信貴山 祈りと娯楽の不思議ワールドへ!

●グラビア 2010年は寅で開く
      信貴山 祈りと娯楽の不思議ワールドへ!

ならら1月号グラビア一部

●庶民の熱き祈りのるつぼ
いざ行かん!信貴山朝護孫子寺探検

●商売繁盛と金鉱の守り神 毘沙門天信仰とムカデの話

●一大スペクタクル「信貴山縁起絵巻」を観る

●信貴山の近代建築 日本最古のカンチレバー
 開運橋

●平城遷都1300年祭開幕!!編集部オススメのこの3企画

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。