ならら2010年3月号

特集:蓮華の微笑

2010年3月号(138号)

天平時代、仏教を軸とした国づくりに大きな力を発揮した光明皇后。そのさまざまな事績やエピソードを通して、藤原不比等の娘、聖武天皇の皇后として生きた、一人の女性の素顔に迫ります。この春、法華寺で行われる光明皇后1250年遠忌を記念した大特集。法要に用いられる正倉院宝物の模造品制作のようすも紹介します。

2010年3月1日発売/定価:400円

特集 … 蓮華の微笑

●グラビア 法華寺春景

ならら3月号グラビア一部

●光明皇后1250年大遠忌記念対談
法華寺のこころを語る
法華寺門跡 久我高照×奈良学研究家 青山茂

●法華寺を知る(1)(2)
光明皇后とは/伽藍をめぐる
諸仏に会う/行事をたずねる

●等身大の光明皇后に出逢う!
5つの視点から探る天平女性・光明皇后の真実
奈良国立博物館学芸部長/西山 厚

●光明皇后の正倉院
 いまも受け継がれている天平の思い
 宮内庁正倉院事務所長/杉本 一樹

●正倉院宝物 漆金薄絵盤を復原する
財団法人美術院国宝修理所/高田 明

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。