ならら2010年9月号

特集:万葉の草々と薬草のはなし

2010年9月号(144号)

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌(あさがお)の花(万葉集巻八-1538、山上憶良)
万葉の人々は野の草花の可憐な姿を歌にし、喜びや悲しみを表現してきました。また同じ頃、草々は薬草としても用いられ、のちの大和売薬業の土台が築かれます。奈良の秋、万葉の草々と薬の歴史を、ゆかりの地に訪ねてみませんか。

2010年9月1日発売/定価:400円

特集 … 万葉の草々と薬草のはなし

●グラビア 万葉の草々と薬草のはなし

ならら9月号グラビア一部

●第27回全国都市緑化ならフェア
 やまと花ごよみ2010 開幕!

●はじまりは奈良ゾーン〜体感する古代の心象風景〜

●万葉-秋の草花
 季節感の原点示す巻八

●訪ねたい秋の万葉歌

●奈良県の薬資料館・植物園・薬草園・秋の花の社寺ほか一覧

●薬草採取に薬づくり
 大和国1500年の薬草のはなし

●赤玉海王丸に陀羅尼助
 昔なつかしい薬の町を訪ねて

●見て触って知る大和の薬文化
 三光丸クスリ資料館へ行こう!

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。