ならら2010年10月号

特集:第62回 正倉院展

2010年10月号(145号)

奈良の秋といえば「正倉院展」。今年も10月23日〜11月11日まで、奈良国立博物館で開催されます。第62回を数える今年は、正倉院宝物の代表格である螺鈿紫檀五絃琵琶(らでんしたんごげんのびわ)が、19年ぶりに出陳されます。今年の見どころや是非注目したい「紙」のことなど、ひと足早く出陳宝物をご紹介します!

2010年10月1日発売/定価:400円注文する

特集 … 第62回 正倉院展

 

●グラビア 第62回 正倉院展の見どころ紹介

ならら10月号グラビア一部

●知ってから観たい宝物鑑賞のポイント

●インタビュー/飯田剛彦(宮内庁正倉院事務所保存課調査室内閣府技官)

●正倉院文書は語る
 古代の紙はバラエティー豊かだった!

●五絃琵琶に探る外来音楽の系譜
 古墳時代から固有楽舞と融合

●シルクロードに琵琶の音は響く
 敦煌石窟・キジル石窟と五絃琵琶

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。