ならら2010年12月号

特集:みかんこの舞

2010年12月号(147号)

大和国の1年の最後を飾る「春日若宮おん祭」。お旅所で舞われる社伝神楽は、各地に残る巫女舞を代表する歴史あるもの。舞い手である春日の巫女さんは「みかんこ」と呼ばれます。春日の巫女が「みかんこ」と呼ばれるようになった理由、社伝神楽と若宮の関係などなど、今回のおん祭特集は、春日の巫女(みかんこ)と社伝神楽の歴史に迫ります。

2010年12月1日発売/定価:400円

特集 … みかんこの舞

 

●グラビア みかんこの舞
〜幽玄の社伝神楽〜

ならら12月号グラビア一部

●春日大社巫女 川西裕貴子さん
その手なり、無心に宿る 神楽舞う春日の巫女に憧れて

●岡本彰夫権宮司に聞く
巫女と御神子
〜お祭りのいまに見る拝殿八乙女の歴史〜

●巫女の系譜
〜神話と古代史の世界から

●お神楽競演〜奈良大和路の神楽舞〜

●春日若宮おん祭諸神事予定

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。