ならら2011年6月号

特集:とっておき奈良のミュージアム

2011年6月号(153号)

伝統を誇る奈良国立博物館など公立美術館のほかに、奈良には由緒深いミュージアムがたくさんあります。その中から大和文華館、富本憲吉記念館、寧楽美術館、春日大社宝物殿、喜多美術館、奈良市杉岡華邨書道美術館の6館について、それぞれにテーマを設けて所蔵する逸品とともに紹介しています。一度出かけてみませんか。

2011年6月1日発売/定価:400円注文する

特集 … とっておき奈良のミュージアム

●グラビア 
大和文華館  富本憲吉記念館
寧楽美術館  春日大社宝物殿
喜多美術館  奈良市杉岡華邨書道美術館

ならら6月号グラビア一部

●尾形光琳と乾山が創造した世界
絢爛と華開いた元禄「町衆」の力 大和文華館

●大和が生んだ近代陶芸の父
「模様の作家」の美の源泉 富本憲吉記念館

●中村家三代が守り続けた東洋美術
名勝・依水園の中に瀟洒な佇まい 寧楽美術館

●光彩を放つ国宝「赤糸威大鎧」
700年経て劣化、修理で蘇る 春日大社宝物殿

●蒐集に力尽くした世界の巨匠作
ゴッホ、ピカソ、佐伯祐三らも 喜多美術館

●文化勲章受章の「かな書」大家
ならまちの一角で書道専門に 奈良市杉岡華邨書道美術館

●とっておき奈良のミュージアム一覧

●岡本六二
奈良県美術教育の草分け
保田與重郎ら評論・画家に多大な影響

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。