ならら2011年8月号

特集:奈良生駒乙田村一座がゆく!!

2011年8月号(155号)

昼は野良仕事、夜は浄瑠璃の稽古でベベン、ベン、ベン…。話題の映画『大鹿村騒動記』ならぬ、奈良生駒乙田村(現 萩の台)の村芝居。人形浄瑠璃に歌舞伎芝居、天秤棒を担いで唸 る「阿波の鳴門」…。人気役者も座付きの本書きも、もちろんすべて村人たち。奈良一円にその名を轟かせた「乙田村一座」、ひと夏限りの夢芝居、始まりはじまり〜♪

2011年8月1日発売/定価:400円注文する

特集 … 奈良生駒乙田村一座がゆく!!

●グラビア 
ようこそ、乙田村一座へ─。

ならら8月号グラビア一部

●大和国生駒乙田村一座復活狂言 番付

●バーチャル 人形芝居

●バーチャル 歌舞伎芝居

●バーチャル 時代劇、浪曲劇

●生駒乙田村 粋な村一座 乙田村一座芝居史

●乙田の人形浄瑠璃と発祥の地・大坂の盛衰

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。