ならら2013年6月号

青葉繁れる南朝の舞台をゆく

2013年6月号(177号)

「一味散々(1333年)、建武の新政」。元弘3年、後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒し天皇親政を行いました。しかし政治は混乱、ついには国内が2つに分裂する南北朝時代へ突入します。南朝の後醍醐天皇が吉野に潜んだことから、奈良県南部は南朝史がいまも息づいている地。「哀史」の一言ではくくりきれない激動の時代の痕跡を、各地に訪ねます。

2013年6月1日発売/定価:400円

青葉繁れる吉野山 南朝の舞台をゆく

●青葉繁れる南朝の舞台をゆく

ならら6月号一部

金峯山寺蔵王堂、大塔宮御陣地跡 醍醐桜  稲村ヶ崎 千早城 般若寺 京都府相楽郡和束町  笠置山 賀名生皇居 吉水神社 後醍醐天皇塔尾陵

●金峯山修験本宗宗務総長 田中利典さんに聞く 南北朝時代の吉野 吉野はなぜ 朝廷たり得たのか

●後醍醐天皇 鎌倉幕府を倒したカリスマ 天皇親政実現へ波乱万丈の生涯

●「南北朝の争乱」関係年表

●ゆかりの地マップ

●南北朝史ゆかりの地 笠置山 千早城 南都 四條畷

●天皇を支えた武将たち 楠木正成 新田義貞 名和長年 足利尊氏 北畠親房 護良親王

●『太平記』バサラぶりの時代

●南北朝正閏論争

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。