ならら2013年10月号

第65回 正倉院展
文様を楽しむ

2013年10月号(181号)

10/26(土)~11/11(月)に開催される第65回正倉院展。漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)の金色に輝く蓮弁に、鮮やかな色彩で描かれた花や鳥など、今回も美しい文様の世界が広がります。10月号では作品紹介をはじめ、正倉院文様を現在に生かす試み、正倉院宝物を1250年ものあいだ守り続けてきた唐櫃などを紹介。お出かけ前にぜひ♪

2013年10月1日発売/定価:400円

文様を楽しむ
いのりの美 くらしの美

ならら10月号一部

●奈良国立博物館学芸部長補佐・工芸考古室長 内藤栄さん
正倉院文様への招待

●奈良女子大学社会連携センター特任教授 藤野千代さん
華開く天平デザイン

●正倉院文様のお花畑

●奈良を歩けば正倉院文様に出合う!

●奈良大学文学部教授 西山要一さん
校倉と唐櫃が守った正倉院宝物
大気汚染から文化財を守る

●唐櫃 格納にも古代人の英知

●正倉院とは何か

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。