ならら2014年11月号

春日若宮おん祭
和舞を究める

2014年12月号(195号)

舞楽などの外来の音楽に対して、日本に古来伝わる歌舞を「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」といいます。春日若宮おん祭では、国風歌舞の代表格、社伝神楽や東舞(あずままい)、そして和舞(やまとまい)が見られます。今号は和舞をピックアップ!のびやかな歌に乗ってゆったりと舞い上げる幽玄の舞について特集します。

2014年12月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

春日若宮おん祭
和舞を究める

ならら2014年12月号一部

●和舞 御蓋山繁る高嶺の

●春日若宮おん祭諸神事予定

●春日の和舞と富田光美
春日大社権宮司 岡本彰夫さんに聞く

●早わかり和舞

●和舞の舞ぶりを伝えて
小船武司さんに聞く

●神降りる春日野への讃歌
和舞歌を聴く

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。