ならら2015年1月号

生駒宝山寺
聖天さんに詣る

2015年1月号(196号)

現世利益・財運向上の神として庶民に親しまれてきた生駒聖天・宝山寺。江戸時代に湛海律師が開山して以来、熱烈な信仰を集めています。そもそも生駒山は神武東征の故事を伝え、古来さまざまな宗教が展開した神仏の山。一大宗教地である生駒山とその周辺を取り上げ、あわせて日本最古のケーブルカー・生駒ケーブルについても紹介します!

2015年1月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

生駒宝山寺
聖天さんに詣る

ならら2015年1月号一部

●一日詣りの夜
生駒山聖天さんに詣る

●宝山寺
参拝と周辺散策のススメ

●祈りの心は般若窟とともに
宝山寺貫主・大矢實圓さんに聞く

●愛と歓びの暴神
歓喜天を知っていますか?

●大和と難波から見た
生駒山の歴史と風土

●ケーブルが結ぶ聖天さんとのご縁
生駒鋼索線小史

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。