ならら2015年4月号

良忍さん・数珠くり・御回在
融通念佛宗のすべて

2015年4月号(199号)

奈良時代の南都仏教に続き、日本初の国産仏教として平安時代末期に起源をもつ融通念佛宗。南無阿弥陀仏と皆で唱えればすぐに往生できるという教えは鎌倉新仏教の母体ともなりました。開祖良忍上人と独自の声明、御回在などの行事などを紹介しながら、奈良・大阪に今も信仰される、もう1つの古代仏教・融通念佛宗を大特集!

2015年4月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

絵で見る融通念佛宗の世界
閻魔様も疫神も、融通念仏
伝来宝物亀鉦と幽霊の袖
神々も動物も念仏三昧

ならら2015年4月号一部

●奈良に生きる古代仏教
融通念佛宗
その歴史と伝承

●吉村暲英融通念佛宗宗務総長インタビュー
皆で念仏唱え
和合の世界を
一人が即すべての人へ
つながっていく働きの妙

●融通念佛宗の声明
極楽浄土ここに
合唱こそ真髄

●巡る、集まる、生まれ変わる
暮らしのなかの〝融通念仏信仰〟

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。