ならら2016年9月号

第68回 正倉院展

2016年10月号(217号)

ならら恒例の正倉院展特集号。 鳥獣の遊ぶ文様が美しい「漆胡瓶」をはじめ、 本年出陳される宝物の鑑賞のポイントを 奈良博研究員の方に聞いてきました。 出陳品のなかでもひときわ異彩を放つ 「アンチモン塊」、宝物に見る「鳥」など、 独自の目線から宝物を探ります。 今年もなららを持って正倉院展へGO!

2016年9月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

第68回 正倉院展

ならら2016年10月号一部

●第68回 正倉院展  オリエントのきらめき

●奈良博研究員に聞く正倉院展鑑賞ポイント  絢爛たる美の裏側で

金属と富本銭の話  沈黙のアンチモンは何を語るか

●正倉院の大幡  精緻な染織がもたらした法会を彩る華やかな荘厳具

●天平の美 vol.2 鳥  鳥木石夾纈屏風  平脱鳳凰頭  花虫背八角鏡   撥鏤飛鳥形

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。