ならら2017年5月号

大和路バス100年

2017年5月号(224号)

大正6年(1917)5月25日は、奈良県に初めてバスが走った日。様々なバスの写真とともに、奈良のバス100年の歴史を振り返ります。バス好きなら市町村のコミュニティバス名鑑やコミバス旅も必見です。また千田稔さんの「奈良の道1400年」では道に関する驚くべきお話も!古代から現代まで、奈良の陸上交通をアツ~く振り返る1冊です!

2017年5月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

大和路バス100年

ならら2017年5月号一部

●バス旅で行こう
奈良の旅は、乗り合いバスがよく似合う。
朝に昼に夕に、バスは暮らしと旅情を乗せて。
花の野辺、風薫る道、車窓に過ぎる季節と歳月。
そしてバスは、百年を走った。
市内循環に乗った、あの日、あの旅。
奈良、時代を映すバスきっぷ。

●新聞と広告に見る奈良のバス百年

●バスは100年、道は1400年
 奈良古街道が語る交通史
  神南備に続く聖なるルート
  奈良県立図書情報館長・千田稔さんに聞く

●コミュニティバスで行く奈良
 大和路の旅
  十津川村 村営バス R169ゆうゆうバス
  御所市コミュニティバス ひまわり号
  奈良市コミュニティバス

●バスのある風景
 大和路ノスタルジックフォトギャラリー

●これであなたも奈良バス通、旅にも便利な
 奈良県コミュニティバス名鑑

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。