ならら2018年1月号

ああ、いとしの古墳時代 御所・葛城編

2018年1月号(232号)

県内の埋文職員に話を聞き、各地の古墳をしつこく紹介する「ああ、いとしの古墳時代」シリーズ第4弾は御所・葛城編! 発掘調査された貴重な5世紀の大王墓・葛城襲津彦(かつらぎのそつひこ)の墓とも目される「室(むろ)宮山古墳」から、葛城・金剛山麓に山と築かれた名もなき庶民たちの「群集墳」まで、メジャーマイナー取り揃えてご紹介。おすすめ古墳に見どころなど、御所・葛城の古墳探索に必携の1冊です!

2018年1月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

ああ、いとしの古墳時代 御所・葛城編

ならら2018年1月号一部

●群集墳とは何か
石部正志さんに聞く

●葛城市歴博学芸員に聞く
 葛城のおすすめ古墳
  葛城市歴史博物館学芸員 神庭滋さん

●御所市埋文職員に聞く
 御所のおすすめ古墳
  御所市教育委員会文化財課長 藤田和尊さん

●古代大和の豪族たち

●御所市・葛城市 古墳一覧表

●御所市・葛城市 古墳分布地図

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。