ならら2019年8月号

再生、生命の水。

2019年8月号(251号)

大河も水の一滴から。水は遠い宇宙から贈られた奇跡の贈り物だ。癒し、活力の源。水には出産、日常の行動、感情にかかわる不思議な力がある。その水について「水 の霊力―禊(みそぎ)」と題し石上神宮の森正光宮司にインタビュー。神々の力が宿る湯立神事について、女系の巫女筋、代々日向神子を名乗る坂本家の行をドキュメント、写真で解説した。 古代から人々は水の力について、自らのものとしてよく理解し、儀礼を通して感謝の念を伝えてきた。その他、水にかかわるエッセイ、「私が愛する奈良の水景」なども収録。

2019年8月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

再生、生命の水。

ならら2019年8月号一部

● 石上神宮 森正光宮司インタビュー 水の霊力―禊―

●神々の力宿る御湯(湯立神事)

●寄稿 あッ!しょっぱいー吉野川の潮淵 文/池田淳 万葉人が心ひかれた吉野の川の流れ 文/中東洋行 村祭りと禊ぎの石 文/森本仙介

●私の愛する奈良の水のこと おいしい水が決め手の旨いもの

●唐古・鍵遺跡と水 今上天皇、皇太子時代の 第5回世界水フォーラムご講演より(宮内庁HPより抜粋)

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。