ならら2020年6月号

「龍田」の地名を考える

2020年6月号(261号)

6月号は、奈良県北東部の生駒郡に所在する「龍田」という地名を考える特集を組みました。百人一首にある「嵐吹く三室の山のもみぢ葉は龍田の川の錦なりけり」(能因法師)を御存じの方も多いでしょう。紅葉といえば龍田といわれる、あの龍田です。でも、龍田にまつわる歴史はなかなか奥が深い。龍田川(竜田川)も新旧二つあったりします。コロナ禍の終息を願いつつ、龍田の紅葉をゆったりと楽しみたいものです。 文化美術に関する特別展を二つ。こちらも「ならら」でじっくり鑑賞してください。

2020年6月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

「龍田」の地名を考える

ならら2020年6月号一部

●紅葉の名所・龍田

●「龍田」の地名の今・昔
  

●龍田の地名の移行理由

●三郷町に存在した「龍田」

●痕跡が残る古の龍田川

●青柳正規・元文化庁長官に聞く
―新たな国づくりは「文化立国」で(下)―

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。