ならら2020年7月号

戦国武将 生駒・鷹山氏

2020年7月号(262号)

7月号は、奈良県の北西端に位置する生駒市を拠点に活躍した戦国武将「鷹山氏」を紹介する特集を組みました。大和の戦国武将というと松永久秀(弾正)や筒井順慶などを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、それだけではありません。専門家による鷹山氏に関する古文書の調査が進んだことを受け、一族興亡の実像にしっかり迫ります。  「ならら」の発行母体である一般社団法人なら文化交流機構の1周年メモリアル企画は過去の号の特集を再編集。今なお色あせない力作をじっくり読んでください。

2020年7月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

戦国武将 生駒・鷹山氏

ならら2020年7月号一部

●戦国武将 生駒・鷹山氏

●戦国を駆け抜けた生駒の武将 鷹山弘頼            特別寄稿・天野忠幸   

●高山憧憬 文/錦好見

●大和逍遥   「佛隆寺のホタル」

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。