ならら2020年9月号

乱世の英雄 戦国大和を代表する武将

2020年9月号(264号)

『「松永久秀」「松永弾正」といえば、戦国の三大梟雄として必ず名前が挙げられる人物である。「奈良の大仏を焼いた」とか、「信長に背いて信貴山城で自害した」といった逸話は数多い。  しかし、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では、上昇志向が強いものの、約束を守り、主君に忠節を尽くし、義理堅いといった、従来にない久秀像が描かれ、好評を博している。近年、研究が進む久秀の実像と大和との関わりについて、その一端を紹介する。

2020年9月1日発売/定価:500円注文する
デジタル版を注文

乱世の英雄 戦国大和を代表する武将

ならら2020年9月号一部

MONTHLY

※毎月定期的に連載させていただいています。詳しくは、定期連載の各ページをご覧ください。